土地付き太陽光発電

太陽光発電を始める前に見るサイト

今から始める太陽光発電

土地付き太陽光発電とは

注目される投資商品です

土地付き太陽光発電とは主に「土地+太陽光発電システム+メンテナンス」がセットになった、いま注目されている投資商品で、20年という長期に渡り、売電価格(電力会社が買い取ってくれる金額)が決まっているため、非常に安定した投資商品となります。

空いた土地や広い屋根などの10kW以上の太陽光発電システムを設置する場所をお持ちでない場合でも安定した投資ができる物件です。

また、通常は設備認定済みで販売されるため、現在(平成29年度)の買取価格の\21/kWh(税別)よりも高い買取価格で設備認定を受けている物件もあるため、中には想定利回りが12%を超える物件もみられます。

土地付き太陽光発電物件の特徴

20年間固定買取制度

発電容量が10Kw以上の太陽光発電システムで発電した電力に対しては、2012年7月に国が定めた20年間の「固定買取制度」が適用されます。通常土地付きの太陽光発電として売り出される物件は、10kW以上の太陽光発電設備で多くは発電容量50kWの設備になっています。

発電した電気の全てを契約に基づき電力会社が電気を買い取り、一度決まった売電価格は20年間代わりません。つまり、20年間安定した売電収入が続くことになります。

土地が無くても太陽光発電投資が可能

空いた土地や大きな工場の屋根などの設置場所をを持っていなくても、販売会社が土地とシステムをセットで販売しているので、だれでも太陽光発電への投資をはじめることができます。

太陽光発電投資を始められる多くの方が、土地付きの太陽光発電を購入することで太陽光発電投資を始めています。

想定利回り10%以上の物件も

土地付き太陽光投資は安定性が高く、想定利回りが10%以上の物件もめずらしくなく、中には想定利回りが12%の物件が出ることもあります。

また安定性が高いだけではなく、他の投資と比べてリスク(マンション投資なら空室リスク、株式投資なら下落のリスクなど)も少なく、安定した投資先となります。

現在、銀行に2000万円を20年間預けても、利息は約10万円です。
土地付き太陽光発電投資の場合、20年間で利回り10%以上の物件もあり、2000万円の物件なら20年間で約2000万円(メンテナンス費用などを除く)の利益も不可能ではありません。

投資物件仲介サイトの利用も

土地付き太陽光発電の投資物件を扱う業者は200以上あるといわれています。
また、それぞれの物件は設置場所の状況や設置する太陽光発電システムの発電容量や使用するメーカーなど、各物件の条件は様々です。

太陽光発電システムへの投資を考えた場合、各物件の内容を確認することはかなりの労力となります。
土地付き太陽光発電への投資は、投資費用が高額となるために慎重に検討したいところですが、その際に土地付き太陽光発電投資物件の仲介サイトの利用が便利です。

土地付き太陽光発電投資物件の仲介サイトを利用するには会員登録(通常は無料)が必要となるサイトもありますが、仲介サイトでは全国にある150社以上の業者が扱う様々な条件の土地付き太陽光発電の情報のなかから、希望の条件に合う物件を見つけたり、複数の物件を比較することが出来るため、リサーチの手間や時間を考えると土地付き太陽光発電投資物件を検討する際にはぜひ利用したいサイトです。

代表的な土地付き太陽光発電投資物件仲介サイトには下記のタイナビ発電所があります。

《公式》タイナビ発電所はココ!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイト